顔 乾燥 皮膚科

顔の乾燥に実際に行われている皮膚科の治療

顔の乾燥に実際に行われている皮膚科の治療

肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの元になるといっても過言ではありません。
しかし、どんなにしっかりと保湿ケアを行ってもなかなか乾燥肌が治らないという人もいるでしょう。

 

そういった場合には、酷い肌トラブルを発症してしまう前に、一度皮膚科を受診することをおすすめします。
皮膚科では乾燥肌の治療としてどのようなことが行われているのか、ご紹介します。

 

 

 

正しいスキンケアのアドバイス

通常、高齢で肌の機能が低下していたり、アトピー性皮膚炎などの疾患がある場合を除いて、正しいスキンケアを行っていれば乾燥に悩まされることはほとんどありません。
にも関わらず乾燥肌が改善しないということは、普段のスキンケア方法が間違っているケースが多いのです。

 

そのため皮膚科では、乾燥肌に対して具体的な治療を行うことは少ないのです。
治療の必要がない場合には、正しいスキンケア方法や乾燥肌を改善するための生活習慣などのアドバイスを受けることができます。

 

 

 

保湿剤の処方

皮脂欠乏性皮膚炎などの皮膚疾患を発症している場合には、外用薬として保湿剤が処方されることがあります。
皮膚科で処方される保湿剤には次のようなものがあります。

 

 

 

ヒルドイド

低刺激で、乳幼児湿疹など赤ちゃん用の塗り薬としても処方されることのある保湿剤です。
主成分はヘパリン類似物質で角質層に浸透し、水分を抱え込んで潤いを保つ天然保湿因子(NMF)と似た働きがあります。
2時間から最大24時間、潤いを維持することができます。

 

 

 

白色ワセリン

赤ちゃんの保湿や傷薬などにも用いられることのある低刺激な保湿剤です。
白色ワセリンは角質層には浸透せず、肌の表面で角質層の水分蒸発を防いだり、外部からの刺激から皮膚を保護するという働きがあります。
2時間から最大24時間、潤いを維持することができます。

 

 

 

ケラチナミン(尿素)

角質の水分保持量を増やしたり、固くなった角質を取り除く働きがあります。
ただし、尿素の量が多くなると刺激が強くなるため、顔用の塗り薬として処方されることはありません。
2時間から最大24時間、潤いを維持することができます。

 

 

 

内服薬の処方

乾燥と共に肌荒れやニキビを発症している場合には、内服薬としてビタミンBやビタミンB6が処方されることがあります。
また、難治性の皮膚炎を発症している場合には亜鉛やビオチンが処方されることがあります。

 

 

 

ひどい乾燥肌は早めの受診を

酷い乾燥肌は何らかの肌疾患を発症している可能性もあります。
なかなか改善しない乾燥肌には早めの受診をおすすめします。

 

⇒改善しない顔の乾燥を1日中潤す方法とは!?


関連ページ

顔が乾燥していてもキレイに仕上がる化粧の仕方
顔が乾燥していてもキレイに仕上がる化粧の仕方について掲載しています。
顔が乾燥したら摂取するべき8つの食べ物
顔が乾燥したら摂取するべき8つの食べ物について掲載しています。