顔 乾燥 化粧

顔が乾燥していてもキレイに仕上がる化粧の仕方

顔が乾燥していてもキレイに仕上がる化粧の仕方

顔が乾燥しているときにメイクをすると、

 

  • 皮がめくれてファンデーションがよれる
  • 皮膚のひび割れにファンデーションが埋まったりしてかえって肌が汚く見える

 

こういった悩みってありませんか?
とはいえスッピンで出かけるわけにも行きませんね…。
そんな女性のために、ここでは乾燥肌でもキレイに仕上がる化粧の仕方をご紹介したいと思います。

 

 

 

化粧下地の塗り方

化粧下地はメイクの仕上がりを左右する重要なポイントです。

 

 

 

少量オイルを塗る

まず下地を塗る前に、特に乾燥が気になる部分にごく少量オイルを塗るといいでしょう。
オイルの量は1滴よりも少ないぐらいで十分です。
これをするだけで非常に乾燥しにくくなります。

 

 

 

外側に向かって薄くのばす

下地はまず、

 

  • おでこ → 頬 → 鼻筋 → 顎

 

これらの部分にのせ、外側に向かって薄くのばすように塗ります。
下地の段階でムラができてしまうとファンデーションもムラになりやすくなるので、薄く均一になるよう丁寧に塗ります。

 

下地の量は、のばす時に少し肌がひっぱられるぐらいの量が目安です。
つけすぎてしまった場合は、ファンデーションを塗る前に肌に馴染むまで少し時間をおきましょう。

 

 

 

UVやコントロールカラーを別で使いたい場合

日焼け止めやコントロールカラーを下地と別に付ける場合には、下地を塗ってから使用しましょう。
どちらもつけすぎないよう、注意が必要です。

 

 

 

ファンデーションの塗り方

のばすのではなく叩き込む

ファンデーションは化粧下地と同様、顔の中心につけて外側にのばすのが一般的です。
しかし乾燥肌の場合はのばす際に皮がめくれてしまったり、肌に刺激を与えて乾燥を悪化させてしまう場合があるため、のばすのではなく叩き込むように塗るのがベストです。

 

額、頬、鼻筋、顎にファンデーションを乗せ、スポンジを使って叩き込みながら外側に向かってファンデーションを馴染ませていきます。
手で塗るよりもスポンジを使ったほうが、仕上がりが断然キレイになります。

 

 

 

清潔なスポンジを使う

スポンジは、定期的に洗って清潔にしておきましょう。
スポンジを洗わないと雑菌が繁殖し、それが顔に付着することで肌荒れの原因となってしまいます。

 

こまめに洗うか、毎日新しいものを使用するようにしましょう。
100円ショップなどで多めに購入しておき、まとめ洗いすると楽でコスパも良いです。

 

 

 

フィニッシングパウダーはブラシで馴染ませる

最後の仕上げに使うパウダーファンデーションは、ブラシを使ってつけるのがおすすめです。

 

ブラシを使うことでパウダーが必要以上につきすぎてしまうことを防ぐことができます。
また、ラメやパール入りのパウダーを使えば、ツヤによって乾燥肌を目立たなくすることができます。

 

 

 

以上、顔が乾燥していてもキレイに仕上がる化粧の仕方をご紹介しました。
これで顔が乾燥していても化粧をキレイに仕上げることができるようになるので、試してみてくださいね。

 

また、肌の乾燥は体内の基礎代謝の低下や便秘が原因で起こることが多いので、食品にも少しこだわるようにすると改善が早くなりますよ。

 

⇒改善しない顔の乾燥を1日中潤す方法とは!?


関連ページ

顔の乾燥に実際に行われている皮膚科の治療
顔の乾燥に実際に行われている皮膚科の治療について掲載しています。
顔が乾燥したら摂取するべき8つの食べ物
顔が乾燥したら摂取するべき8つの食べ物について掲載しています。