顔 乾燥 ニキビ

普通のニキビとどう違う?顔の乾燥で発生するニキビ

普通のニキビとどう違う?顔の乾燥で発生するニキビ

ニキビというと、皮脂が毛穴に詰まることによってできるもの。
つまり「脂性肌の人にできやすい」これは事実です。

 

ですが、皮脂分泌の少ない乾燥肌でもニキビができてしまうことがあるのです。
乾燥肌にできるニキビは「乾燥ニキビ」と呼ばれます。

 

 

 

乾燥ニキビができる原因

乾燥ニキビができる原因も普通のニキビと同じ、皮脂による顔の毛穴詰まりです。
では、なぜ皮脂分泌が少ないのに毛穴が詰まってしまうのでしょうか?
皮脂には、肌の水分の蒸発を防ぐバリアの働きがあります。

 

しかし、皮脂分泌が少ないとバリアとしての働きを充分に果たすことができず、肌表面の角質層の水分がどんどん蒸発してしまいます。
水分の少なくなった肌は硬くなり、毛穴もどんどん細く弱くなっていきます。

 

毛穴が細くなったため、ほんの少しの皮脂でもすぐに詰まってしまうのです。
そのため、皮脂分泌が少ないにも関わらず、毛穴詰まりを起こしてニキビができてしまうのです。

 

 

 

乾燥ニキビを防ぐには?

乾燥ニキビを防ぐには、肌に十分な水分を補給するとともに皮脂分泌を正常にし、しっかりとしたバリアを作ることが大切です。
水分の保持と皮脂の分泌を行うのは肌の角質層です。

 

そのため、角質層の働きを正常化させることが乾燥ニキビの予防につながります。
角質層は主にセラミドとNMF(天然保湿因子)、そして皮脂膜という成分で構成されています。

 

角質層の働きを活性化させるにはこれらの成分を化粧品から肌に補ってあげるのが効果的です。

 

 

 

角質層の働きを活性化させる化粧品

化粧品の中でもクリームは保湿力が高く、乾燥を改善させるには一見良さそうに思います。
しかし、油分を持つ化粧品を繰り返し塗っていると、反対に肌が自ら皮脂を作り出す力を弱めてしまう可能性があるのです。

 

また、クリームなどに含まれる界面活性剤がその強力な浸透力によって皮脂を溶かし、角質層を傷つけてしまうことにもなりまねません。

 

最適な方法は、糖類や多糖類、アミノ酸といった肌が元々持っている成分に限りなく近い成分でできたパックで角質層を整えることです。
パックの後に使用する化粧水も、同じように肌に近い成分でできたノンオイルのローションなどを使うのがいいでしょう。

 

 

乾燥ニキビ対策の基本は肌に刺激や負担をかけないこと

乾燥肌はバリアが弱まっているため、外部からの刺激にとても敏感です。
そのため、乾燥ニキビ対策の基本は、とにかく肌に刺激や負担をかけないことです。
以上の内容があなたの乾燥ニキビの改善に少しでもお役立てば幸いです。

 

⇒改善しない顔の乾燥を1日中潤す方法とは!?


関連ページ

痛い顔の乾燥に何よりも大切なこととは?
痛い顔の乾燥に大切なことについて掲載しています。
乾燥した顔に赤みが現れる4つの原因
乾燥した顔に赤みが現れる4つの原因について掲載しています。
保湿だけでは治らない!ヒリヒリする顔の乾燥
ヒリヒリする顔の乾燥について掲載しています。
放置すると厄介!顔の乾燥による皮むけ
顔の乾燥による皮むけについて掲載しています。
顔の粉吹き乾燥を治す4つの方法
顔の粉吹き乾燥を治す4つの方法について掲載しています。
元に戻る?半端なくひどい顔の乾燥
半端なくひどい顔の乾燥について掲載しています。
顔が乾燥してかゆみが出てしまう間違ったケア
顔が乾燥してかゆみが出てしまう間違ったケアについて掲載しています。