顔 乾燥 ヒリヒリ

保湿だけでは治らない!ヒリヒリする顔の乾燥

保湿だけでは治らない!ヒリヒリする顔の乾燥

乾燥肌の症状はさまざまです。
洗顔直後になんとなく肌がつっぱる感じがするといった軽いものから、薄い皮がピリピリ剥けてきてしまうといったものまで、乾燥の状態や元々の肌質、体質によって現れる症状は違います。

 

中でも肌にヒリヒリとした痛みを感じる場合はなかり乾燥が進行している状態で、敏感肌になってしまっている可能性があります。
こうなると、単に保湿ケアをしただけでは症状を改善させることは難しくなります。

 

 

 

肌がヒリヒリする原因は?

敏感肌で肌がヒリヒリする原因はずばり、肌のバリア機能の低下です。
肌には紫外線やホコリ、花粉や衣服、髪の毛などの刺激や摩擦から肌を保護するためのバリア機能が備わっています。
このバリア機能の正体は、肌の表面を覆っている角質層です。

 

角質層は、薄い角質の層が何重にも重なり合い、外からの刺激が直接肌の内部に届かないよう防御しているのです。
しかし乾燥肌によって角質の水分が不足すると、角質の層が乾いて剥がれ落ちてしまいます。

 

すると角質層は薄く弱くなり、刺激が直接肌の内部に届いてしまいます。
これによって、肌が健康な状態であれば何も感じることのなかったホコリや花粉などによって、ヒリヒリとした刺激を感じるようになってしまうのです。

 

これが敏感肌です。
そして、乾燥によって敏感肌になってしまった状態を乾燥性敏感肌と呼びます。

 

 

 

乾燥性敏感肌の改善方法

乾燥性敏感肌は、単に保湿ケアを行っただけでは改善が難しい場合があります。
保湿だけでは外部からの刺激を防ぐことはできませんし、敏感肌になっている状態では普段使っている化粧水でもしみてしまう場合があるからです。

 

 

 

角質層の強化

乾燥性敏感肌を改善するには、まずは薄くなった角質層を強くすること、そしてバリア機能を高めることです。
角質層を形成する角質細胞は、主にセラミド、天然保湿因子(NMF)という成分によって構成されています。

 

そこでまずは化粧品によってこのセラミドと、代表的な天然保湿因子であるアミノ酸や尿素、ミネラルを補給します。
このとき注意しなければならないのが、使用する化粧品は敏感肌用のものを選ぶということです。

 

 

 

肌が本来持つ再生能力を高める

バリア機能を高めるためには、肌が本来持つ再生能力を高めることが大切です。
肌には本来、健康な肌を保つための機能が備わっています。
しかし、過剰なスキンケアや間違ったスキンケアによってこの機能はだんだん損なわれていきます。

 

角質層が復活し、酷い乾燥が治まったら次はスキンケアを徐々にシンプルなものにしていきましょう。

 

そうすることで、本来健康な肌に備わっている機能を有効に引き出せるようになっていきます。
すると、肌トラブルに悩むことは少なくなっていきますし、化粧品に頼らない丈夫な肌になってきます。

 

⇒改善しない顔の乾燥を1日中潤す方法とは!?


関連ページ

痛い顔の乾燥に何よりも大切なこととは?
痛い顔の乾燥に大切なことについて掲載しています。
乾燥した顔に赤みが現れる4つの原因
乾燥した顔に赤みが現れる4つの原因について掲載しています。
放置すると厄介!顔の乾燥による皮むけ
顔の乾燥による皮むけについて掲載しています。
顔の粉吹き乾燥を治す4つの方法
顔の粉吹き乾燥を治す4つの方法について掲載しています。
元に戻る?半端なくひどい顔の乾燥
半端なくひどい顔の乾燥について掲載しています。
顔が乾燥してかゆみが出てしまう間違ったケア
顔が乾燥してかゆみが出てしまう間違ったケアについて掲載しています。
普通のニキビとどう違う?顔の乾燥で発生するニキビ
顔の乾燥で発生するニキビについて掲載しています。