顔 乾燥 皮むけ

放置すると厄介!顔の乾燥による皮むけ

放置すると厄介!顔の乾燥による皮むけ

顔の乾燥が酷くなると、肌がひび割れてぽろぽろと薄い皮が剥ける場合があります。
すぐに対策をすれば問題ないのですが、この状態を放置しておくとより重大な肌トラブルを引き起こしかねません。

 

ぽろぽろと剥けた薄い皮膚、その正体は肌を外部の刺激から守る働きをしている角質なのです。

 

 

 

角質の役割

角質は肌の表面に何重にも重なり、紫外線や花粉、ホコリといった刺激が肌の内部に届くのを防ぐ役割を持っています。
また、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐという役割もあります。

 

角質は角質細胞とその細胞同士をつなぎ合わせる細胞間脂質によって構成されています。
肌が乾燥すると角質細胞同士の繋がりが弱まり、それによって角質がはがれて剥け落ちてしまうのです。

 

角質がはがれてしまうと外部の刺激を防御する力が弱まり、肌の内部に直接刺激が届いてしまうようになります。
さらに肌内分の水分の蒸発を防ぐ働きも弱まり、より一層乾燥しやすくなってしまうのです。

 

 

 

ターンオーバーを乱す肌の乾燥

肌の皮むけを放置しておくと、肌のターンオーバーを早めることになります。
ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことです。
角質は、一定期間が経過して古くなると自然と剥がれ落ち、新しい健康な角質が生産されます。

 

皮むけによって角質が薄くなると、肌の防御機能を保つために次々と新しい角質を生産するようになります。
しかし、急いで作り出された角質は未熟で、保湿力や肌の防御力は十分ではなく、結局またすぐに乾燥して剥けていってしまうのです。

 

 

 

皮むけを改善するには

皮むけを改善して肌の悪化をストップするには、保湿が第一です。
ただし、ただ単に化粧水や乳液を使ったスキンケアをすればいいというわけではありません。

 

健康な角質に欠かせない「セラミド」と「NMF(天然保湿因子)」という成分を肌に補給してあげることが重要です。
これらの成分が配合された化粧水をたっぷり使って肌に水分を補給した後は、その水分が逃げないようクリームや乳液でお肌にしっかりと蓋をしましょう。

 

このスキンケアは、皮むけが改善した後も継続することが大切です。
しっかりと保湿を継続することによって肌の防御機能が高まり、刺激に強い肌を作り上げることができるのです。

 

さらに正しいスキンケアは肌が本来持つ、健康な肌を維持する働きを高めます。
化粧品に頼らずとも、美しい肌を維持することができるようになるのです。

 

⇒改善しない顔の乾燥を1日中潤す方法とは!?


関連ページ

痛い顔の乾燥に何よりも大切なこととは?
痛い顔の乾燥に大切なことについて掲載しています。
乾燥した顔に赤みが現れる4つの原因
乾燥した顔に赤みが現れる4つの原因について掲載しています。
保湿だけでは治らない!ヒリヒリする顔の乾燥
ヒリヒリする顔の乾燥について掲載しています。
顔の粉吹き乾燥を治す4つの方法
顔の粉吹き乾燥を治す4つの方法について掲載しています。
元に戻る?半端なくひどい顔の乾燥
半端なくひどい顔の乾燥について掲載しています。
顔が乾燥してかゆみが出てしまう間違ったケア
顔が乾燥してかゆみが出てしまう間違ったケアについて掲載しています。
普通のニキビとどう違う?顔の乾燥で発生するニキビ
顔の乾燥で発生するニキビについて掲載しています。