顔 乾燥

【えっ?治る!】女性の顔の乾燥を治す3ステップ

脱!顔の乾燥

症状別 対策 グッズ

顔の乾燥といっても症状はさまざま。症状別に適した効果的なケアとは。

 

顔の乾燥に悩む女性はメイクも大変…。そんな女性に役立つ対策はコチラ。

 

顔の乾燥に役立つ薬や化粧品とは。それらの効果的な使い方について。

 

 

その顔の乾燥はどっちが原因となっている?

顔が乾燥する原因は、大きく2つに分けることができます。
一つは、冬場など空気が乾燥することが原因でなる「季節的な乾燥肌」、そしてもう一つは季節関係なく生活習慣の乱れや間違ったスキンケアが原因でなる「慢性的な乾燥肌」です。

 

 

 

季節的な乾燥肌の原因は?

季節的な乾燥肌の原因は空気の乾燥と寒さです。
空気中の水分が減ると肌の水分が蒸発しやすくなり、それによって肌が乾燥しやすくなるのです。
そして冬は寒さによって血行が悪化し、新陳代謝が乱れます。

 

新陳代謝が乱れると、肌の水分の蒸発を防ぐ役目を持つ皮脂の分泌量が減るため、より乾燥しやすくなるのです。
いつもと同じ化粧品を使い、いつもと同じスキンケアをしているのに冬になると乾燥するといった場合は、この季節的な乾燥肌である可能性が高いでしょう。

 

 

 

季節的な乾燥肌を改善方法

季節的な乾燥肌を改善するには、

  • 加湿器などで空気の乾燥を防ぐ
  • 化粧品を普段使っていたものよりも保湿力の高いものに変える

こういった改善方法があります。

 

 

 

慢性的な乾燥肌の原因は?

慢性的な乾燥肌の原因はさまざまですが、多くの場合、

 

  • 間違ったスキンケア
  • 生活習慣の乱れ
  • 加齢による肌の老化

 

これらによって、肌の健康状態が悪化していることが原因です。
肌には本来、肌荒れや乾燥から守るためのバリア機能が備わっています。

 

しかしこのバリア機能は、間違ったスキンケアや生活習慣、老化によって低下してしまいます。
これが慢性的な肌荒れへと繋がるのです。

 

 

 

慢性的な乾燥肌を改善方法
スキンケア方法の見直し

慢性的な乾燥肌を改善するには、まずスキンケア方法の見直しをしましょう。
ごしごしとこするような洗顔や、化粧水をつけるときに強くパッティングすること、熱いお湯でのすすぎはNGです。
洗顔は洗顔フォームを充分に泡立てて指の腹で優しくなでるように洗いましょう。

 

すすぎに使うお湯は32℃程度のぬるま湯がベストです。
そして化粧水や乳液、クリームも肌に刺激を与えないよう優しく塗りこみましょう。

 

 

 

栄養素をきちんと摂る

栄養の偏りや睡眠不足は肌のバリア機能を低下させる原因となります。
ビタミンやベータカロテン、たんぱく質、必須脂肪酸など美肌を作り出す元となる栄養素をきちんと摂りましょう。

 

 

 

熟睡できるよう環境を整える

就寝前はテレビやスマホを控え、リラックスした状態で熟睡できるよう環境を整えましょう。

 

 

 

アンチエイジング化粧品を使う

加齢による肌の老化対策には、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸など年齢と共に失われる美肌成分を補うアンチエイジング化粧品を使ったスキンケアが効果的です。

 

 

 

以上をまとめると、乾燥肌を改善するには、

 

  • 自分の乾燥肌がどちらのタイプなのかを確認する
  • それぞれに原因にあったスキンケアをする

 

こういったことが大切です。
最適なスキンケアでしっかりと乾燥肌対策をすれば改善させることができます。

 

 

 

顔の乾燥に効果的な4つの対策術

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因といってもいいほどの美肌の大敵です。
でも、どんなに高価な化粧品を使っても、どれだけスキンケアに時間をかけても、なかなか乾燥肌が改善しないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

 

それはもしかしたら、スキンケアの方法が間違っているのかもしれません。
肌には本来、適度な潤いを保つ力が備わっているのです。

 

でも洗顔で潤いを落としすぎたり、逆に化粧品で美容成分を与えすぎたりしていると、肌本来の力が損なわれて潤いを保つことができなくなってしまいます。
そこで、肌本来の力を高め乾燥肌を改善するのに効果的な4つの対策方法をご紹介します。

 

 

 

洗顔は32℃のぬるま湯で行う

特に冬場は寒いので、ついつい熱いお湯で洗顔してしまいがちです。
しかし熱いお湯は顔表面の皮脂を必要以上に洗い流してしまう上に、肌の水分を蒸発しやすくしてしまいます。
洗顔に使うお湯は、32℃程度のぬるま湯が最適です。

 

 

 

クレンジングはクリームまたはミルクタイプを選ぶ

ウォータープルーフのマスカラでも簡単に落とすことの出来るオイルタイプのクレンジングは今のクレンジングの主流でもあります。
クレンジングオイルは肌表面や毛穴の汚れまで綺麗に落とすことができるので、汚れが気になる季節には最適です。

 

しかしその一方で、空気が乾燥する季節には、皮脂の落としすぎによって肌が乾燥しやすくなってしまいます。
クリームやミルクタイプのクレンジングであれば、汚れは落とすけれど肌の潤いはそのまま残すことができるので、肌の水分の蒸発を防ぐことができます。

 

 

 

肌に水分を補充する

洗顔後、すぐにクリームや乳液を使う人も多いのではないでしょうか。
しかしクリームや乳液は肌の水分が蒸発しないように蓋をするものであり、肌に潤いを与えるものではありません。

 

乾燥を防ぐには、先に肌に充分な水分を与える必要があるのです。
そこで使うのが化粧水です。
保湿成分を豊富に含んだ化粧水を、ハンドプッシュや化粧水パックなどでしっかりと肌に浸透させましょう。

 

 

 

クリームや乳液で蓋をする

水分を補充した後は、クリームや乳液でしっかりと蓋をしましょう。
べたつくのが苦手な人も、さっぱりタイプのものを使うなどして、必ずスキンケアの最後は肌に油分を与えて水分の蒸発を防ぎましょう。

 

 

 

このような正しいスキンケアを毎日続けることで、肌は自らきれいになる力を取り戻していきます。
今のあなたのスキンケア、この機会に見直してみるのもよいかもしれません。

 

⇒改善しない顔の乾燥を1日中潤す方法とは!?